一人歩きをする子供を見守るGPS

GPSとは、GlobalPositioningSystemの略で、日本語では全地球測位システムと呼ばれているものです。GPSの端末が専用の衛星からの電波を受信し、携帯の基地局との距離などの情報を処理して、より正確な位置がわかるようになっています。通常スマホに入っているのですが、スマホを持たせるには早いと思われる子供や、学校にスマホが持ち込めないなどの理由でスマホを持って行けない子供のために、専用のGPS端末が発売されています。子供にGPSを持たせることで、親は常に子供がどこにいるかを知ることができ、安心感を得ることができます。

子供用GPSには、さまざまなタイプがありますが、一般的なスマホのアプリと連動してものには、単機能タイプ・一方向タイプ・双方向タイプの3種類があります。単機能タイプは、端末自体には発信ボタンなどがついていないきわめてシンプルなものです。かばんやポケットに入れておくだけで、親のスマホやタブレットのアプリに位置情報や行動履歴などが表示されます。一方向タイプは、端末からスマホなどに発信できるものです。

端末に位置情報を手動で発信できるスイッチがあり、今いる場所を親のスマホなどに送ることができます。困ったことがあったら押すように決めておくと親は子のピンチを素早く知ることができあます。双方向タイプは、スマホと端末の間で連絡が取れるものです。お互いに音声メッセージが送れるものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です