キーホルダー型の子供用GPSも

子供の居場所を知りたいとき、キッズ携帯にすべきかそれともGPSにすべきか迷う保護者も多いのではないでしょうか。キッズ携帯は、必要最小限の機能や小さなお子さんでも簡単に使える操作性を持つ携帯電話で小学校の低学年くらいのお子さんから持たせる保護者も多いようです。主に用事があるときに通話をしたり、ショートメールの利用で友達同士でコミュニケーションを図るなどの機能を持つものですが、追加料金を払うことで位置情報を確認することも可能です。ただ、小学校により学校に携帯電話を持ち込むことができないところもあるので子供用GPSを別に持たせている保護者も少なくありません。

子供用GPSは、お子さんの居場所確認に特化した機能を持つ道具でもあり、低学年のお子さんでも簡単に使えるようボタンが1つだったりデザインそのものがシンプルです。製品により、お子さんの位置をGPS衛星などを利用して測定を行う更新頻度が1分間隔に設定できるものもあるので、ほぼリアルタイムに情報を取得し居場所を特定できるなどのメリットもあるわけです。ちなみに、キッズ携帯の更新は5分間隔のものが多いようです。キーホルダー型やネックレス型、靴の中に埋め込めるタイプなど色々な種類が用意されています。

靴に埋め込むタイプの場合、毎日履いている靴が異なると利用価値は低くなりますが、キーホルダー型やネックレス型などの場合であれば紛失するリスクもないですし、いつも身に着けていられるなど子供用GPSの機能を発揮できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です