子供用GPSにはキッズ携帯にないメリットがある

小学校に通うお子さんは、学校が終わると学童を利用したりいったん帰宅してからランドセルなどの荷物を置いてから友達と公園に遊びでかけるもしくは学習塾やピアノ教室などに出かけるケースは多いといえましょう。昔であれば子供を見守る目がたくさんあったので、遊びに出かけたり塾もしくは習い事に出かける場合でも安心感がありました。しかし、最近はこのような光景も減少していて子供を見守るための道具としてGPSへの注目が集まり始めています。GPSは位置情報を得ることができる機能を持つもので、外出前に荷物やポケットの中などに入れておけば、保護者が使っているスマートフォンでお子さんが今どこにいるのか確認することができるメリットがあります。

キッズ携帯にも現在位置を把握できる機能がありますし、携帯電話なので通話することも可能です。実際、キッズ携帯をお子さんに持たせている家庭も多いのですが、これとは別に子供用GPSを使用している家庭が多くなっていて注目を集めています。注目を集める理由にはいくつかあるのですが、主にキッズ携帯の弱点が挙げられます。例えば、キッズ携帯は学校に持って行くことができないケースがあること、位置情報を把握する機能を使うためには月額料金だけでなく追加費用が必要になることがある、紛失してしまうリスクもあるわけです。

その点、子供用GPSは居場所確認に特化している道具であると同時に失くすリスクがないなどのメリットを持ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です