子供用GPSとキッズ携帯の違い

子供用GPSとキッズ携帯は同じものだと勘違いしている人もいますが、この2つには様々な違いがあります。防犯グッズの購入を検討している場合は、それぞれの違いについて理解を深めておくことがおすすめです。キッズ携帯は位置情報の確認に特化していません。そのため、このサービスを利用するために追加料金が発生することが多いと言えます。

端末費や通信費以外に、位置情報の検索や保護者の追加で料金が発生することも多いです。子供用GPSの場合は位置情報の確認を目的としてつくられているので、キッズ携帯にありがちな余計な費用が発生する可能性が低いと言えます。防犯グッズは常に持っておくことが望ましいですが、子供用GPSは学校への持ち込みが許可されていて、キッズ携帯は許可されていないというケースも多いです。メールやゲームなどの用途で使用することができるキッズ携帯は、防犯目的でも持ち込みが不可となっているケースが多いことを知っておきましょう。

もちろん、学校によってルールは違いますが、こういった決まりになっている学校が多いです。子供用GPSの場合は、防犯のために嬉しい機能がたくさん搭載されていることも大きな魅力だと言えます。こちらには不審者情報との連携機能や自動更新機能、アラート機能や危険エリア登録機能などが用意されていることが多く、より我が子の安全を守りやすいアイテムだと言えるでしょう。このようにたくさんの違いがあるので、防犯レベルを高めたいのであれば子供用GPSを用いることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です