GPSで守れる子供の安全

GPSとはGlobalPositioningSystemの略で、地球上のどこからでも簡単に、位置や時刻の情報を高精度に取得できるシステムです。もともとはアメリカで軍事用に開発された技術でしたが、スマートフォンに使用されていることからもわかるように、現在では民間でも一般的に利用されるものになっています。その結果、多くのメリットが生まれました。例としはカーナビがあります。

地図を見ることが苦手で道を覚えられない人にとっては、たどるべきルートを音声で指示してくれるカーナビは有難い存在でしょう。その他では防犯の技術にも活用されています。特に子供がGPS付きのスマートフォンを持っていると、保護者も安心できます。ただ、ここで問題になるのが、スマートフォンのデメリットの面です。

GPSに関しては、子供が身につけていてデメリットになることはありませんが、スマートフォンになると話は別です。好奇心が強い子供は、動画を見たりアプリで遊びたがりますが、保護者からは、有害なコンテンツやスマホ依存などが心配になるところです。そうした不安の解消になるアイテムとして、小学生向けのプレスマホが誕生しました。デザインも良く、子供が持ちたがる防犯グッズともいえます。

また、そのようなスマートフォンもまだ早いと考える保護者にとっては、AI機能搭載でお子様の居場所を随時報告してくれる小型の見守りロボットをランドセルの中に入れておくと良いでしょう。GPSが今後も進化し続け、さらに安全な未来が待ち受けていることに期待をよせたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です