種類ごとにメリットが異なる子供用GPS

最近では核家族化が進んで、子供の安全はそれぞれのご家庭で確保しなければなりません。共働き等で目が行き届かないケースでは、キッズケータイやGPSを活用しながら見守ることが多いようです。キッズケータイは少し高額ですが通話もできて便利です。ただし、学校への携帯電話の持ち込みは禁止されていることがほとんどですので、実際に利用できるかを考えると難しいと言わざるを得ません。

そんな時に活躍するのがGPSであり、近年では種類も豊富です。費用をできるだけ抑えたい場合には、単機能タイプを選びます。備わっている機能はごくシンプルであり、現在地情報や行動履歴を登録してあるスマートフォン、タブレットのアプリ上に表示します。端末本体には発信ボタンがついておらず、子供側からの手動通知はできませんが、その分誤作動の心配もありません。

バッテリーが長持ちするのも、このタイプの利点です。一方向タイプのGPSは端末本体にボタンがついていて、位置情報を手動で発信できるようになっています。緊急時に子供がボタンを押すと、管理者側に通知が届く仕組みです。双方向タイプでは、GPS端末およびスマートフォンから位置情報や音声メッセージを送受信できますので、機能面ではかなり充実していると言えます。

双方向で連絡が取れると、万が一の時でも効果的なやり取りができます。必要な機能が分からない時には、双方向タイプを選ぶと失敗が少ないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です