ツアーで飛行機が欠航した場合

せっかくのツアーですが、種々の理由で飛行機が欠航になることがあります。そのような場合はどうなるのでしょうか。まず、行きの飛行機の場合ですが、飛行機の欠航によって予定どおりのスケジュールでツアーを催行することができないときは、キャンセル料なしで払い戻しが可能です。多少遅れようとも、後続便に振り替えることで何とかツアーの目的は果たせそうだという場合には、後続便に振り替えた上で催行されることもあります。

一方で、帰りの便の場合は当然ながら中止という訳にはいきませんから、何としても帰ってこなければなりません。後続便への振り替えが基本的な対応となりますが、もちろん既に予約を持っている人が優先になってしまいますから、待っていても乗れる保証はありません。ここで、欠航した原因がどこにあるのかによって対応も変わってきます。台風など、航空会社の責任によらない理由により欠航になった場合は、後続便への振り替えは可能なものの、原則的にそれ以上の対応は航空会社はしてくれません。

場合によって出発が翌日になることもあるわけですが、その場合の宿泊費の負担も自分でしなければなりません。もちろん、ホテルの手配くらいはツアー会社がまとめてしてくれるでしょう。一方で、整備不良など航空会社に原因がある場合の欠航に関しては、航空会社が責任を持って対応するはずです。できるだけ早く帰着できるよう、例えば乗り継ぎ便への変更や、可能な場合には陸路での移動、必要な場合にはホテルの手配や宿泊費の負担もしてくれるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *