格安航空券の特徴について

格安航空券とは、航空会社がツアー用に特別に安い価格で用意したものです。個人向けではなくツアー用に旅行会社に卸したものを個人に販売していると考えるとわかりやすいです。格安航空券の買い方は、旅行会社でのみ購入することができます。申し込みの際には、インターネットや電話、直接カウンターへ出向くなど都合の良い方法を選ぶことができます。

海外旅行の場合はパスポート情報に注意が必要になります。パッケージツアーであれば、コピーの送付を求められ、旅行会社のケアが受けられます。しかし、個人手配旅行の場合は、全て自己責任となるため、パスポートの有効期限は切れていないか、パスポートの有効残存期間は十分か、ビザは必要ないかなどを確認する必要があります。また、出国時に問題になりやすいのが航空券のネームです。

旅行会社にパスポートに記載されたローマ字が正確に伝わっているか注意が必要です。例として、結婚して姓が変わったのにパスポートの変更手続きを怠ったことによる不一致でトラブルになったケースもあります。格安航空券の支払い方法は、旅行会社によって異なり、クレジットカード決済の可否も会社によって違うため、あらかじめ確認して置く必要があります。航空券の受け取りは、引換証を持参し、空港で受け取る方法があります。

日程によゆうがある場合には、自宅に宅配や郵送してもらえる事もあります。最近では、eチケットと呼ばれる紙の航空券を介さずにチェックインなどができる航空券に対応していることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *