銀座周辺のホテルで勤めるのに役立つ資格とは

日本は今、世界各地で非常に人気を集めている観光地です。

2019年8月に観光庁が調査をしたところ、2018年から2019年の1年間で約2、800万人もの外国人が観光目的で来日していたことが明らかとなりました。そのうち約85%が東京を訪れており、宿泊場所としてのニーズも高い地域となっています。都内には2020年4月現在で計420軒の宿泊施設があり、そのうち150軒が銀座周辺地域にあります。銀座は都内有数の繁華街で、客室数約500を越える大型ホテルが建ち並んでいるのが特徴です。

これらのホテルは外資系または国際ホテルという位置づけになっているものが大半で、インバウンド需要に特化した接客サービスをなされているところになります。銀座にあるホテルに勤務をする場合、語学力と接客術に長けている人材が求められる傾向が高く、その条件をクリアしていれば即戦力として採用されやすいです。銀座のホテルで就職するのに役立つ資格としては、「TOEIC」「接客サービスマナー検定」の2種類です。

「TOEIC」の場合、スコア620以上であれば日常会話だけでなくビジネス英会話にも精通している証になるので、この条件を満たしていればフロントなど表舞台で役立つ人材と見なされます。「接客サービスマナー検定」はE~Aランクまでありますが、Bランク以上を有しているのが望ましいです。正しい敬語・お辞儀の仕方など接客業に必要な技能を有していないと得られない資格で、即戦力をアピールするのに役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *