転職活動を行う時、従来であれば新聞の求人広告を始め、転職専門雑誌や職業安定所などを活用する方法が主流でした。

現代では、これらの方法に加えてインターネットを利用される人が急増しています。新聞の求人広告や転職専門雑誌などの場合、その都度職務経歴書を作成する、履歴書を書くなどしての応募が必要になります。しかし、インターネットでの応募の場合には、転職サイトに登録をした後にレジメを作成、このレジメを利用して応募が出来るメリットを持ちます。

勿論、面接に行く時には手書きなどの履歴書を持参しなければなりませんが、複数の企業に応募する時などレジメを使って行える利便性は高いと言えましょう。リクルートエージェントはネットの中にある転職サイトを運営している人材紹介会社の一つです。人材紹介としての歴史は古く、1977年4月に設立が行われた株式会社日本リクルートセンターがリクルートエージェントのサービスを行う会社の前身になっています。

リクルートエージェントは2012年からは株式会社リクルートキャリアが運営を務めており、転職サイトに登録を行うと同時にエージェント登録を行っておけば、自分の希望する仕事が見つかった時などの紹介を受けることが出来るメリットを持ちます。転職サイトにおけるエージェントの役割はマッチ求人に出会えるチャンスを広げる点で、人材紹介という役割の中には企業が求める人材と応募者が求める企業の仲介役を務めていることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *